マイクロジオデータ研究会 Micro Geodata Forum

マイクロジオデータ研究会 | 研究会の紹介
Introduction of MGD Forum

TOP > 研究会の趣旨

マイクロジオデータ研究会の趣旨

マイクロジオデータ研究会の趣旨

マイクロジオデータ研究会は産学官の研究者・データ保有者・データ利用者で、マイクロジオデータ(MGD)の利活用方法・開発・普及に関するアイディアを 持ち寄り、それらを共有する場として2011年8月に東京大学空間情報科学研究センターの内部機関として発足した研究会です。

各種デジタル地図データやPOIデータ、モバイルデータ、Webから取得できるデータなど、空間的に高精細で非集計な時空間データ=MGDの収集、開発、 普及に関する活動と、研究・活用方法などを共有し、MGDを活用した研究・業務の推進とその支援を目的に活動を続けています。

MGD研究会の詳細、発足からこれまでの活動内容などについては以下の資料をご覧下さい。
マ イクロジオデータ研究会5年間の歩み


マイクロジオデータ研究会の今後の展開

これまでの過去5年間(2011年~2016年)の活動内容は「マイクロジオデータ(MGD)」という概念のアウトリーチ、またMGDを活用した研究に関する情報の共有と研究の推進が中心でした。今後(2017年~)はMGDを具体的な社会的課題の解決に活用し、社会貢献に繋げていく活動を進めていきたい と考えています。

特に国や日本各地の自治体が抱えている社会課題を、様々なMGDと自治体が持っている情報・データを組み合わせることで、具体的な解決に導けるような活動 を展開していきたいと考えています。将来的には
「マイクロジオデータ=地域創生のためのビッグデータ」
と呼ばれるようになることが研究会の次なる目的です。

また今後は研究会の活動の更なる活性化に向けた、ファンドの獲得も目指したいと考えています。

#microgeodata

リンク

ページのトップへ戻る