マイクロジオデータ研究会 Micro Geodata Forum

マイクロジオデータ研究会 |これまでの活動
Past activities

TOP > これまでの活動 > 国際展開

国際展開

ここでは研究会メンバーが関わった、MGDを活用した国際的な研究・教育活動を紹介します。


第13回マイクロジオデータ研究会(第2回国際MGD研究会)
CSIS × KRIHS International Joint Seminar

第13回マイクロジオデータ研究会
 主催  :東京大学空間情報科学研究センター
      韓国国土研究院
 共催  :マイクロジオデータ研究会
 開催日 :2018年11月14日
 場所  :東京大学空間情報科学研究センター
 参加者数:12名



内容  :東京大学空間情報科学研究センターと韓国国土研究院主催の国際共同セミナーを
     開催しました。本セミナーは第13回マイクロ ジオデータ研究会「第2回国際MGD研究会」
     としても開催され、日韓双方の最新の空間情報に関連する研究動向と課題の共有
               および議論を行いました。

»詳細はこちら


韓国国土研究院(KRIHS)との国際共同研究
international1韓国国土研究院(KRIHS)との国際共同研究を実施しています。すでに研究会メンバーにより日本で実施されている研究手法を韓国にも適用し、韓国における将来の生活困難地域(人口減少により生活利便施設が撤退し日常生活が難しくなる地域)の分布を推定・分析しています。研究成果報告書も発行されています。


第1回国際マイクロジオデータ講習会(第4回マイクロジオデータ講習会)
~Mobmap: Introduction to People Flow Analysis~
第1回国際MGD講習会
 主催  :マイクロジオデータ研究会
 共催  :東京大学空間情報科学研究センター
 開催日 :2015年9月14日
 場所  :The K Seoul Hotel(大韓民国ソウル市)
 参加者数:約20名



FOSS4G 2015のハンズオンセッションとして開催しました。移動体データの分析・可視化をMobmapを用いて実施する内容です。

<プログラム>
1:Mobmap: Introduction to People Flow Analysis
   マイクロジオデータ研究会
   仙石裕明・上山智士・桜町律  資料(SlideShare)


第9回マイクロジオデータ研究会(第1回国際マイクロジオデータ研究会)
~日韓マイクロジオデータ国際シンポジウム~
第9回マイクロジオデータ研究会
 主催  :マイクロジオデータ研究会
 共催  :東京大学空間情報科学研究センター
      韓国国土研究院(KRIHS)
 開催日 :2015年12月1日
 場所  : 東京大学駒場IIキャンパス
 参加者数:約40名


東京大学CSISと韓国国土研究院との国際共同研究の一環として、日韓のマイクロジオデータ、ビッグデータ、各種統計などに関する情報共有と最新の研究動向についての講演が行われました。

資料  :プログラム(PDF) 


国際誌・国際学会での研究発表
研究会メンバーは研究成果を国際誌や審査付国際学会で積極的に発表しています。近年の主な発表論文は以下の通りです。いずれも審査付の国際誌およびプロシーディングスです。
 
■2017年
Akiyama, Y., Nishimoto, Y. and Shibasaki, R., 2017, "Projecting Future Distributions of Facility Deserts for Smart Regional Planning: A Micro Geodata Approach in Japan", CUPUM2017 Conference Proceedings, #35081.

Ogawa, Y., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., 2017, "Development of Loss and Recovery Model of Corporate Transactions for Earthquake Disaster Based on the Great East Japan Earthquake and Tsunami", CUPUM2017 Conference Proceedings, #35145.

Yamamoto, Y., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., 2017, "Estimation of Inter-regional Money Flow Process Using Inter-firm Transaction Big Data and People Flow Big Data", CUPUM2017 Conference Proceedings, #35158.

Ogawa, Y., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., 2017. "Extraction of significant scenarios forearthquake damage estimation using sparse modeling". ISCRAM2017 proceedings, 150-163.
 
 
■2016年
Akiyama, Y., Ueyama, S., Shibasaki, R. and Adachi, R., 2016, “Event Detection Using Mobile Phone Mass GPS Data and Their Reliability Verification by MDSP/OLS Night light Image”, ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, III-2, 77-84. URL PDF

Ogawa, Y., Akiyama, Y., Kanasugi, H., Shibasaki, R. and Kaneda, H., 2016, “Evaluating the Human Damage of Tsunami at Each Time Frame in Aggregate Units Based on GPS Data”, The International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, XLI-B8, 133-138. URL PDF

Nishimoto, Y., Akiyama, Y. and Shibaaski, R., 2016, “Future Estimation of Convenience Living Facilities Withdrawal Due to Population Decline All Over Japan From 2010 to 2040 -Focus on Supermarkets, Convenience Stores and Drugstores-”, The International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, XLI-B2, 223-226. URL PDF
 
 
■2015年
Kachi, N., Kajimoto, R., Tsukahara, K. and Akiyama, Y., 2015, "Consideration on Disaster Recovery System to Improve Resilience of Frequent-landslide Dangerous Area", Procedia - Social and Behavioral Sciences Volume 218, 181-190.

Akiyama, Y. and Shibasaki, R., 2015, “Transition Analysis of Regional Characteristics Using Building Geo Big Data and National Census Data Throughout Japan ~Focusing on Compact City, Re-urbanization and Suburban Sprawl~”, Proceedings of CUPUM 2015, 295, 1-23.

Ueyama, S., Akiyama, Y., and Shibasaki, R., 2015, “Integrated Visual Exploration Tool for Fusion of Mass Movement Data and Static Data”, Proceedings of CUPUM 2015, 271, 1-16.

Ogawa, Y., Akiyama, Y., Kanasugi, H., Sengoku, H. and Shibasaki, R., 2015, “Evaluating the Damage of Great Earthquakes in Aggregate Units Based on Detailed Population Distribution for Each Time Frame”, Proceedings of CUPUM 2015, 316, 1-18.

Akeyama, Y., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., 2015, “A New Method of Estimating Locality of Industry Cluster Regions Using Large-scale Business Transaction Data”, Proceedings of CUPUM 2015, 347, 1-13.

Sakuramachi R., Fujiwara, N., Fujishima, S., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., 2015, “Communities in an Inter-firm Network and Their Geographical Perspectives”, Proceedings of CUPUM 2015, 371, 1-17.
 
 
■2014年
Akiyama, Y. and Shibasaki, R., 2014, "Time-series Monitoring of Area Characteristics Using Mass Person Flow Data by Mobile Phone GPS Data -Case study in Greater Tokyo Region-",The International Symposium on City Planning 2014,SS03,S03-12. 

Nishimura. T.,Akiyama, Y., Shibasaki, R. and Sekimoto, Y., 2014, "Study of Estimate Human Demographic Attributes Using Person Flow Datasets and Apply It for GPS Log Data", The International Symposium on City Planning 2014,SS03,S03-12.P-25. 


#microgeodata

リンク

ページのトップへ戻る